NINJA TOOLS

TamiCho+.

田舎で暮らす主婦がアフィリエイト・妊活・田舎暮らしなどあれこれ好き勝手に書く雑記帖

【怖い漫画】おすすめサバイバルホラー漫画はこれだ!

f:id:xtamichox:20170810120930j:plain

 

こんにちわ、タミコです。

ほん怖が近づいているからでしょうか、私の中のホラー好きが騒ぎます。

おかしい。昔はこんな娘ではなかったのだが・・・

 

とりあえず夏の風物詩ということで

今日は私が読んでなかなか怖かった漫画を紹介しようと思う。

怖いものが苦手な人は注意されたし。

 

 

 ストーリーもおもしろい「カラダ探し」

 

カラダ探しとは、ケータイ小説から生み出された漫画です。

一時期はやってましたよね、ケータイ小説。

2014年には少年ジャンプ+に連載されるほどの人気漫画だったようです。

 

ケータイ小説からジャンプ、そしてアニメ化って結構すごいですよね。

それだけ多くの人に読まれたことが想像できます。

 

カラダ探しあらすじ

 

50年前の強姦・バラバラ殺人の犠牲者の幽霊で、県立逢魔高校で学校の怪談として語られる血まみれの少女「赤い人」にまつわる超常現象に巻き込まれた高校生たちの恐怖と奮闘を描く。 赤い人に遭遇して「頼んだ側」役となってしまった生徒によって糾合され、8つに分割されてしまった自分のカラダを探すよう懇願された、「頼まれた側」役の6人の男女生徒は、同じ一日をループしつつ、夜の学校校舎に閉じ込められ、「赤い人」に見つかって追いつかれたら殺される鬼ごっこを繰り広げることになる。「赤い人」は超人的な身体能力で「頼まれた側」の生徒たちを惨殺してゆき、生徒たちは全員が殺されたところで前日の朝に戻って生き返り、同じように殺される毎日を繰り返す。また、一度「赤い人」の姿を目視してしまった人は、その日は後ろを振り返ったり、90度以上の方向転換をしてはならず、それを破った瞬間に、背後に「赤い人」が忽然と現れて、周囲にいた仲間を巻き込んで惨殺されてしまう。ループから抜け出すためには、「赤い人」からうまく逃げ回りつつ、8つのパーツに分割された「頼んだ側」の生徒のカラダを全て集め、学校の生徒玄関に置かれた棺桶に収めなければならない。 ーwikiより

 

つまり簡単に言いますとね。

学校の怪談であった「赤い人」は実在し、

その人によって体をバラバラにされた生徒は自分の知り合いなどにカラダ探しを頼む。

頼まれた方は拒否できずに決まった時刻になると学校へワープし

全員がその中で死ぬかカラダが見つかるまで延々と同じ日を繰り返すというものです。

 

この漫画のすごいところは被害者が2人いるということですね。

カラダ探しを頼む側と頼まれる側。

頼まれる側が被害者なのはもちろんなんですが、頼む側も実は被害者なのです。

(この辺りはネタバレになるので控えておきます)

 

グロいし怖いのになぜか止まらない

 

はっきり言っておきます。グロいです。そして怖い。

映画で言うならソウシリーズのようなグロさです。

 

私は怖い話は好きですがそんな私でも怖くてトイレいけなくなりましたよ。

なのでそういうのが苦手な人は絶対的に向いていませんので注意。

 2017/8/10現在14巻まで既刊。小説版がでているようなのでそちらは完結済かな。

 

ちょっと笑える彼岸島

 

彼岸島は主に3部作に分かれたサバイバルホラーです。

こちらも多少グロいかな?

 

彼岸島あらすじ

 

宮本青果店の店長の息子である宮本明は、数年前に彼岸島で行方不明になった兄・宮本篤を捜す為、友人と共に彼岸島に渡った。しかし、そこは吸血鬼が跋扈する地であった。兄を捜し出し、本土に連れ帰る為に奮闘する。

 

要は人間VS吸血鬼の戦いなのですが、これがまたちょっと笑えるのです。

最初の頃はかなりホラーよりだったんですよ!

でも回を重ねるごとに段々笑える部分が増えてきて・・・。

わざとなのか作者の迷走なのか分かりませんが色々な意味で興味をひくのです。

 

なんせ人外の敵と戦っているというのに武器は丸太です。

もちろん他の武器もありますが、なぜか島民に丸太を頼りきっています。

丸太が割れるだけで驚愕するのです。

 

ちょっとおかしなところが満載でホラー漫画と呼べるのかどうかも微妙ですが

一応くくりはサバイバルホラーなので興味のある人はぜひ読んでみてください。

やめられない止まらない不思議な魅力でございます。

 

matome.naver.jp

彼岸島のおもしろさはこれを読めばよく分かります。

以上おすすめホラー漫画2点でした('ω') 

 

www.ok89.info

こちらもどうぞ。それでは、また!