NINJA TOOLS

TamiCho+.

田舎で暮らす主婦がアフィリエイト・妊活・田舎暮らしなどあれこれ好き勝手に書く雑記帖

暇なら田舎でこそ楽しめる趣味を見つければいい

f:id:xtamichox:20170625172203j:plain

 

収入も低いし遊びにいくところもない。

ないない尽くしだけど、いつまでもクヨクヨしているのはもったいない!

郷に入れば郷に従え。田舎を楽しもうではないか('ω')

 

 

 

田舎で思う存分趣味を楽しもう

 

どこかで書いた気がするんだけど私の趣味はガーデニング。

 

rose.ok89.info

 

田舎に憧れていたのもガーデニングが思いっきりできるかもと思ったから。

まぁ実際に満足するくらいガーデニングはできている。

 

以前の狭い賃貸のベランダでは置けなかった薔薇を買いまくったり、

これまで心配のなかった虫の被害がすごくて騒ぎ立てたりw

(何より南向きのベランダを手にいれたことが勝利!)

 

私は花専門なんだけど中には家庭菜園を始める人もいる。

(本当に家庭菜園か?!ってくらい大量に作る人もいる)

 

都会でしか味わえないこともたくさんあるんだから

田舎でしか味わえない満喫できないこともたくさんあるはずだよね。

 

私の場合はガーデニングなんだけど、

人によっては釣り・キャンプ・登山など、自然に関係あることが多いかな?

アウトドアに興味がない人でも、

例えば地方や田舎でもネット環境があればできるブログもそうだし、

ブログだけにとどまらずホームページを作ってみたり。

習い事も少ないけど探せばあるし、知り合いも増える。

こうやって考えてみると、悪いことばかりじゃないなぁと思ったりもする。

 

例え辛くても前向きに過ごすために趣味を探す

 

引っ越してきて3ケ月くらいたった頃、私は失意のどん底にいた。

 

憧れていた田舎暮らしとは違い、閉鎖的な日常。

息がつまる毎日なのに、発散させる人も場所もなかった。

 

そんな時、私には趣味がって。

ガーデニングをすることですごく助けられた部分があった。

そしてその趣味が思う存分できる環境にいることにも気づいた。

それから不便で不自由な田舎暮らしを前向きにとらえられるように。

 

これは私にとってのターニングポイントだったんだよね。

この気づきがなかったら、田舎暮らしを解消していたと思う。

 

趣味があるのとないのとでは全然違う。

できれば趣味があってほしいし、それが田舎で満喫できるものだと尚良し。

ぜひ早い段階で見つけてほしいと思う。

 

しかし私の趣味ガーデニングはですね。

田舎独特のもちつもたれず精神により、ちょっと方向がおかしくなったw

 

私の趣味は想像の斜め上に向かっている

 

鉢植えはどこに?突然なくなる鉢植えたち

 これは我が家に限ったことではないんだけど

最盛期の鉢植えを人目につくところに置いておくと、高確率で無くなる。

それが後日、別の家に飾られていたりすることも結構あるんだよね。

 

自宅に飾っていたら絶対にばれるのに、

それでも堂々と飾っている様子をみると悪いことと思ってないんだよね。

 

挿し木用の枝は事後報告で

 鉢植えをそのまま持っていくのはまだ少ないけど、

挿し木用の枝を知らない人まで勝手に切って持っていく事が多い。

 

最初は全然知らなくて

道路の面した鉢植えのミニバラが来る日も来る日も咲かず疑問に。

蕾はあるのに、いつの間にか枝ごとなくなっているんだよね。

 

不思議に思っていたある日、近所の方に、

「あれ良い色のバラやなぁ。枝もらったでー」 と言われてビックリ。

無断で切った上に事後報告かい!と。しかも一番キレイな時に|д゚)

バラに限らずセージなどの宿根草は大体切られてしまうから

それから道路沿いに置いた鉢は我が家のものだけはないと思うことに。

 

もっていかれても文句言わない(腹立つけど)

切られても笑顔であげる(ほんっと腹立つけど)

うまく付き合うには、ある程度のところで諦めることも大事なのだろうかと。

 

つまり大事な鉢植えはベランダに避難あるのみ

 持ってかれるのを防ぐことはおそらく無理かなぁと思う。

この地域の習慣ならもうどうしようもないので

もっていかれても良い鉢植えしかおかないことにした。

 

種まきして余った苗。見栄え用の安い鉢植え。

これらを置くようにして切られたりとられたりは激減した。

 

もし誰でも手が届く位置にキレイな鉢植えを置こうとしているのなら、

この記事のことを少し思い出してちょっと考え直しておくれ。

取られたくないものはベランダに置いて楽しもう。

 

なんかダラダラ書いてしまったけど、それではまた!